歴史ある大村屋

創業天保元年、文人たちに愛された嬉野温泉 大村屋

昔の大村屋外観

昔の大村屋外観

長崎街道「嬉野湯宿」

江戸時代、日本が国を閉ざしていた鎖国体制の中で、唯一の窓口だった長崎。その長崎と小倉を結び、西洋の文化・文物が行き交った道が長崎街道です。およそ約228年前の道のりには25の宿場が点在し、大村屋のある嬉野町下宿は「嬉野湯宿」と呼ばれた宿駅でした。

嬉野温泉が美肌の湯と言われるようになったのは最近のこと。肥前風土記(713年)に「東の辺に湯の泉ありて能く、人の病を癒す」と記されるように、古くから効能高き湯治場として知られていました。街道を行き交う人々も、嬉野に立ち寄っては旅の疲れを癒していたのではないでしょうか。また、長崎奉行や諸大名が宿泊するときは、本陣として臨済宗の瑞光寺が利用され、大村屋は脇本陣だったといわれています。

玄関前の様子

玄関前の様子

古い文献に登場する大村屋

大村屋の名前が登場する最も古い文献は、戯作者・大田南畝の『小春紀行』。「ゆきゆきて嬉野の宿につく。主を大村屋という、北川兵次郎なるものなり」と文化2年(1805)に記しています。さらに、日本地図を作るため長崎街道を通った伊能忠敬の文化10年(1813)の記録にも「大村屋兵次郎」の記述が見られます。

ということは、大村屋の創業は文化2年以前と推測されますが、大正11年(1922)に嬉野温泉の大火で大切な記録がほとんど焼失。太田南畝や伊能忠敬などが宿泊したという宿帳も、残念ながら残っていません。その後、「天保元年」の印がついた敷石が出てきたことから、創業年を天保元年(1830)としています。

昔のパンフレットや写真

昔のパンフレットや写真

ロビーに飾ってある中林梧竹の作品

ロビーに飾ってある中林梧竹の作品

文人たちに愛された宿

大村屋は佐賀県小城市出身の書聖・中林梧竹(1827〜1913)の定宿でもありました。現在、ロビーに飾ってある書は大正の嬉野の大火の中で燃え残った梧竹の作品です。又、大正9年、療養のため嬉野温泉を訪れ大村屋に宿泊した歌人・斎藤茂吉はその梧竹の書を見て「嬉野の旅のやどりに中林梧竹翁の手ふるひし書よ」という歌を詠んでいます。

長い歴史に培われ、文人たちに愛された嬉野温泉・大村屋。効能高き湯に浸りながら、歴史ロマンに思いを馳せるのも、また一興です。
中林梧竹記念館のご紹介

  • 当日のご予約はお電話にて受け付けております。 tel.0954-43-1234(8時〜22時)