大村屋ブログ

  • 桜の花も散り、川面は一面に花筏、そして、あっという間に枝には緑の葉が息吹いております。貸切風呂の飾り棚にある色紙に書いてある言葉を見る度に…こんな宿でありたいと思います。我が家の如く再訪ね来る。元妙心寺管長、東海大光様の書です。

  • 自分が恥ずかしい位の桜。小さい桜、大きい桜。そして、川の流れの音、川面に映る灯り。全てが春の暖かさを運んでくれています。お客様と会話をさせて頂いてると…女将さん、温泉公園の桜を愛でて来ましたよ。と仰って頂き、ハッと気づきます!いつも、そして、この女将ブログにお越し頂き本当に有難う御座います。

  • 今夜の温泉公園の桜はこんな感じです。やっぱり桜は綺麗です。桜をよしよしと手の平で持ち上げるとなんとも言えない人生の瞬間を感じる事ができます。満開ではもう少し…。

  • 三寒四温、桜待つみぎりです。大村屋近くの温泉公園の桜も二分咲き程です。その公園の河原で石投げしている人達。とにかく楽しそうでした。大人は少年の頃を思い出しているのでしょう。子供は流れきた色々な石に興味津々の模様。ほのぼのとして素敵な時の流れでした。これからいよいよ桜が満開です!どうぞ石投げやってみて下さいね。

  • 今日は暦の上で啓蟄。虫達が土の中から顔を出すみぎりとなりました。もうすぐ桜も咲き始めますね。今は玄関の沈丁花の香りがふんだんに香りたっています。そして、アセビもたわわに咲き誇っています。なんだか気分的にはモヤモヤする頃ですが…花や香りに癒されています。幼い頃4月の初めになるとカミソリとザルを持ってヨモギを採りに行き…4月3日、節句には必ず父...