旅館大村屋 若旦那ブログ

さがごこち

2018年6月27日(水曜日)12:34kitagawa.kenta

佐賀の日常を切り取るウェブメディア「さがごこち」。 堀越さんの新しいコーナーの第1弾として不肖、私のインタビューが掲載されました。 話し過ぎたようで前編後編と分けて掲載のようです! よろしければご覧下さいませ。 またローカルコラムニストとして 私のコラムも始まります! そちらもお楽しみに! さがごこちHP(←クリック!) [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

音の小部屋〜Headphone listening room〜

2018年3月25日(日曜日)18:10kitagawa.kenta

真空管アンプの温かな音を 木を使用した高音質ヘッドフォンで楽しむリスニングルーム 「音の小部屋〜Headphone listening room〜」 を大村屋西館2階に設けました。 お好きなCDをお二人一緒に楽しめるようにしています。 ゆっくりと音楽の世界に浸って頂ければ幸いです。 他の音楽を楽しむラウンジはJAZZが中心なので この場所はそれ以外のジャンルを中心にし... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

音のメンテナンス

2018年3月16日(金曜日)13:45kitagawa.kenta

旅館は日々様々なメンテナンスに追われていますが、本日は・・・・ オーディオのメンテナンス! 端子の接合部のクリーニングとコーティングをAudio Shop F.T Nextさんにお願いしております。 そんなことまでするのか? と私も思いましたが、 端子の接合部は埃が入り込んだり 酸化したりするということ。 全ての端子をクリーニングするのに 2時間程かかる... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

ピーター・バラカン出前DJ in 嬉野温泉vol.2

2018年3月11日(日曜日)14:47kitagawa.kenta

ピーター・バラカン出前DJ in 嬉野温泉vol.2。 当館の力不足で運営上ご迷惑お掛け致した点もありましたがご来館いただいたお客様や運営にご協力頂いた方のおかげで大盛況のうちに開催することができました。 バラカンさんのお話、選曲を間近でみれる喜び。 そしてAudio shop F.T Next厳選のハイエンドオーディオで聴く最高の音。 本当に贅沢な時間でしたね。 また... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

ライブ色々

2017年12月20日(水曜日)10:45kitagawa.kenta

8月にオープンした湯上がり文庫でのイベントも定着してきました。 10月19日は古城憲トリオ。繊細で力強いトランペットに痺れました。 10月27日には急遽決まった津軽三味線の矢吹和之さん。 11月23日はギタリスト告井延隆さんの一人ビートルズライブ。 一人なのにバンドのようなグルーヴでした。 12月12日はサックス奏者の川嶋哲郎さんをお迎えしてトリオ編成ラ... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

3DCGというカメラ

2017年11月30日(木曜日)16:20kitagawa.kenta

3DCGというカメラでリニューアル客室「菊」と湯けむりラウンジを撮影して頂きました。360℃写真とCGが同時に撮影できるものです。 今回は試験的でしたが、全館撮影できたら来館したことがないお客様も館内の様子がわかってギャップがなくなるだろうなと思いました。どうぞご覧下さい。 温泉内風呂付き和洋室「菊」 https://my.matterport.com/show/?m=s4kgBtu7Jzs ... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

ルーツはそこに

2017年10月27日(金曜日)13:38kitagawa.kenta

長男を寝かしつける朝散歩。 川の音、鳥の声を聞きながら温泉公園を歩く。 程なくしてすやすやと眠る子供。 こうやって僕も父も祖父もこの風景と音の中で育ってきたのかと感慨深いものがある。 長い時間をかけて色んなものが変わってきた。 これからも変わって行くのだけれど、ここの景色と音は変わらないで欲しい。 この町のために何が出来るだろう。 次の... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

天然川床

2017年10月17日(火曜日)00:24kitagawa.kenta

大村屋前の嬉野川。 ここはよく土がたまり陸地ができる。 僕は密かに「天然の川床」と呼んでいる。 川と自分が近くなったようが感じがして子供頃から好きだ。 でも、定期的に土揚げがされ この川床も数年に一度なくってしまう。 詳しくはわからないけど、管理してる側からすれば川の流れとか色々事情があるのだろう。 良かれと思ってやっているようなので毎回何... [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

御遊泊のしおり

2017年9月02日(土曜日)21:07kitagawa.kenta

現在、大村屋の新施設「湯上り文庫」にて嬉野温泉ミュージアムと題して歴史年表や古い写真の展示をしております。 その中の一部をご紹介します。 これは昭和初期と思われる嬉野温泉の宿泊案内。 旅館の料金表や地図、また花街の紹介などもされています。 「御遊泊のしおり」。 かつての旅の目的が歓楽街だったことがわかる言葉です。 [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :

古い古い写真たち

2017年8月23日(水曜日)08:48kitagawa.kenta

大村屋に残る沢山の古い写真を少し整理。 先先代がカメラ好きで旅館内に暗室もあったそうです。 これからも時間を見つけてデータとしても残していなねばと思っております。 この頃から嬉野は温泉、お茶、焼き物の町。 茶畑の写真はどの辺かな? [続きを読む..]

[コメントを書く(0)]

TrackBack URL :