旅館大村屋 女将ブログ

沈丁花の香り

2019年3月06日(水曜日)19:01kitagawa.setsuko

今日は暦の上で啓蟄。虫達が土の中から顔を出すみぎりとなりました。もうすぐ桜も咲き始めますね。今は玄関の沈丁花の香りがふんだんに香りたっています。そして、アセビもたわわに咲き誇っています。なんだか気分的にはモヤモヤする頃ですが…花や香りに癒されています。幼い頃4月の初めになるとカミソリとザルを持ってヨモギを採りに行き…4月3日、節句には必ず父が杵で餅つきをしてくれていました。その日は私の誕生日なので幸せな気持ちになったものです。因みに4月4日生まれの兄はぶつぶつ言っておりました。この季節になると幼い頃や家族の事、辺りの風景を思い出します。

TrackBack URL :