旅館大村屋 女将ブログ

旧暦の節句。誕生日。

2021年4月04日(日曜日)00:37kitagawa.setsuko

今日は、旧暦の節句。今日でお雛様とも一年のお別れです。数日前から燕達も巣を作り始めています。自然や生き物達は暦通りに巡り巡ってきてくれますね。まだ、名残り惜しく咲いている桜の花の儚さと新緑の息吹の力強さを目の当たり見て…又、来年も見たいなぁ〜としみじみ思う今年の桜でした。昔、昔のお話ですが…私の誕生日…旧暦の節句、4月3日に我が家では毎年恒例の杵餅つき行事がありました。近所の方々や親戚が集まってそれは、それは、それは、賑やか風景でした。子供達は早朝にカミソリとザルを持って朝露がつく蓬刈りに行きます。嬉野では…蓬をフツと言いました。蓬を採りに畦道に行き、ふぁ〜と盛り摘んだ蓬を持ち帰り、それを母が家のまえに流れる清水で洗ってくれて…餅つきの材料に使ってくれました。それから、杵で1人、1人、交代で健康を祈りながら…声をかけ合い、餅をつき…すすり餅や、小豆餅、蓬餅、きな粉餅、白丸餅…これは焼いて砂糖醤油や生姜醤油で食べる絶品の味です。もちろん、小豆餅も焼くと?ぷーと膨れて粒小豆か飛び出す位が最高に美味しいのです。昔の節句はこれから始まる収穫に向けての祝い事だったのでしょう。こんな吉日に産まれた私は幸せ物です。今日は昔、昔の節句の餅つきのお話でした。因みに6つ違いの兄は次の日の4日生まれで…もう1日早く産まれたかった!と嘆いていたのを思い出しますが…それは、仕方ないですよね〜写真は心友から頂いたバースデイカードです。花畑。4月生まれにぴったりのプレゼントに感謝です。と、云う訳で女将は…節句に誕生したので…節子なのです。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。以上、節句のお話でした。

TrackBack URL :