旅館大村屋 若旦那ブログ

太田南畝

2009年1月13日(火曜日)17:01kitagawa.kenta

写真は大村屋の名前が登場する最も古い文献
戯作者・太田南畝の『小春紀行』です。

大村屋が記述されている部分のコピーはあるんですが、
ちゃんと書物として持っていたほうがいいだろうと
いうことで、アマゾンで探し見つけました!

大村屋が出てくるのは少しなんですが、、

「ゆきゆきて嬉野の宿につく。主を大村屋という、北川兵次郎なるものなり」と文化2年(1805)に記しています。

しか〜し!
買った本の文章が『北川兵次郎』ではなく『小川兵次郎』を
ミスプリントになってました、、。

初版だから間違えてるみたいですね。
それもそれで貴重かもしれません。

この本は当館のラウンジの本棚に置きたいと思いますので
皆様も是非お手にとってご覧くださいませ。




きょうのうた Morning Bell/Radiohead

TrackBack URL :